無料ブログはココログ

リンク

« 2014年12月 | トップページ

2015年1月19日 (月)

「India Goose」

アルバム最後の曲は「飛びたて 飛びたて」の繰り返しが勇壮とも悲壮とも聴こえて、先行きが明るいとか希望の朝が待っているという感じではありませんが、しかし決して絶望することもなく夜の中へ飛び立っていく強い意思を感じさせる、締めるというよりはまだ先が続くことを意識させる歌だと思います。

インド雁はモンゴル高原などで繁殖し、冬季になるとインドなどへ南下し越冬し、またその際ヒマラヤを越えて移動する、世界で最も高い所を飛行する鳥である、とやはりさっきウィキペディアで知りましたが、何でまたわざわざそんな高所、難所を超えて行こうと思うのか、筆者のような不精な人間から見たら不思議に思うところです。
この歌でも弱い鳥達が北風の中を逆風に逆らって、というおよそ悪条件しか見当たらない中をなぎ払われても列を組みなおして果敢に飛び続ける様が歌われています。
「戻る場所はもうない」から仕方なく飛びたつ、とも解釈できますが、むしろ自分にそう言い聞かせて不退転の覚悟を決めているようにも思え、敢えてそう言う事で誰かを或いは自分を奮い立たせる、捨て身の歌なのだと思います。

「いちばん強い逆風だけが 高く高く峰を越えるだろう」と逆風を掴んで踏み台することでより高く飛べることも示唆されていると思います。逆境もまたチャンスである、そういう厳しさと強さをもった曲であると思います。

2015年1月12日 (月)

「一夜草」

ゆったりとしたテンポで穏やかな語り口なため、感情の起伏を強くは感じさせない曲ですが、詩だけ読んでみると非常に刹那的で、穏やかとは到底いえなさそうな不安を歌っていると思います。

セレナーデは日本では小夜曲とも呼び、元々は恋人などのために、夕方しばしば屋外で演奏される音楽のこと、と先ほどネットで調べて知りましたが、この曲では「歌えてしまうよセレナーデ」、「罪つくりなセレナーデ」と、純粋に恋を謳歌するというより、ひと夜限りの恋を嘆いているような、いけないと思いつつ抱いてしまった慕情、未練、そういったものにスポットが当たっていると思います。
「あてにしないでおくれ」、「それはわたしのせいじゃない」と予防線をはり、「下手に愛など持とうものなら 裏切り者になるばかり」と最大限の警戒を払いながらも、「歌えてしまうよセレナーデ」となってしまう、そういう一種の情けなさ、悲哀が一夜草というタイトルに込められていると思います。

冒頭の「ひと夜の花よ」がかなり曖昧な発音で歌われているような気がするのですが、それがあてにならない自分の身を表現している、と言ったら深読みですが、非常におぼろげで浮き身の人生の悩みが歌われていると思います。

2015年1月 4日 (日)

「ペルシャ」

ちょっと変わったメロディが、もしかしたら「ペルシャ」を表現しているのか、なつかないまま、つかみどころがないまま、「なんだ、 夢なのか」と淡く終っていく、或いは続いていく、妙な感覚を残す曲だと思います。

「ペルシャ」というのはペルシャ猫なんだと筆者はベタにそう思いますが、ペルシャは或いは遠い異国からやってきて、なつかないのも無愛想なのも元の主人がいつか迎えにくると思っているからだ、というストーリーなのか、もしくはそんなペルシャに「私」の境遇を重ねながら夢を見てしまった、ということなのか、「愛しい人が私を呼ぶわ」のくだりはペルシャが見た夢なのか、それともペルシャを見た「私」が見た夢なのか、人と猫の意識、願望が混ざり合って胡蝶の夢の如くどちらがどちらなのか見分けがつかない感じがします。
そうやって意図的にリスナーに色々想像させて、混乱させる、やっぱりつかみどころがない曲なのだと思います。

なつかない猫というと、「なつかない猫」というそのままのタイトルの曲を思い出しますが、あちらはより気ままで従順でない猫の性質を歌っていましたが、こちらはもう少し人間っぽいというか未練の匂いがあり、猫そのものというより半分猫で半分人間のことを歌った曲ではないかと思いました。

« 2014年12月 | トップページ

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31