無料ブログはココログ

リンク

« 「産声」 | トップページ | 「身体の中を流れる涙」 »

2014年12月21日 (日)

「問題集」

「問題集」というタイトルからいわゆる問題作的なシリアスな展開を勝手に想像していたのですが、意表を突かれたというか、軽快とまでは言わないせよ、決して重々しい曲ではなく、男女の機微をテンポ良く歌い上げていると思います。

久しぶりにブログを再開したせいか総括的な感想が多くなりますが、中島みゆきにはあれだけ恋愛のことを歌っておきながら、男女が最終的には解り合わない、根本的に解り合えない、という前提があるような気がします。この歌でも、男女がそれぞれ別々の問題集を持っていて、そこに書かれている字は言語からして違っている、とまで言っています。
「あなたの問題集は 私にはたやすく見える」「取り替えてみたい気がする」と言いつつも、実際には取り替えることなどできない、相手の心の中へは入っていけない、ということが分かっているからこそ「もうまもなく わかるようになるかな」という根拠の無い、儚い願望のような叫びに収束していくのだと思います。

と、書くと何だか絶望的な感じですが、この歌ではむしろそういう難しさ、問題集を楽しんでいるような雰囲気もあり、多分この曲を歌っている時の中島みゆきは楽しそうなんだろうな、と想像しました。

« 「産声」 | トップページ | 「身体の中を流れる涙」 »

コメント

あー、なるほど!

問題集とは、私があなたに出した問題集のことなんですね。

「あなたの問題集は、私には、たやすく見える」
私があなたに出した問題集だから、たやすく見える。

この問題集とは、

・この場合、どう言えばいいんだろう。
・どんなことをしたら、喜ぶんだろう
・なんで、そんなに怒っているのか
・今、一番何が欲しいんだろう
・どうして欲しいのか

本音を隠したり、偽ったり、心が見えない。

例えば、私があなたにして欲しいこと(問題)があるとして、それは私にはすぐわかる。私の心の中のことだから。
しかし、あなたは色々な情報から、問題を解こうとするが、答えられない。

「あなたの問題集に書かれている文字と、私の問題集に書かれている文字は違う」
自分と相手の歩んだ人生は、全く違うので、価値観、考え方、物事の捉え方、物事の見え方を理解するのは、外国語のようだということでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32354/58337161

この記事へのトラックバック一覧です: 「問題集」:

« 「産声」 | トップページ | 「身体の中を流れる涙」 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31