無料ブログはココログ

リンク

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月28日 (日)

「走(そう)」

「Yes, My Road, Yes, My Road,」の「Yes」という響きが妙に新鮮に聞こえるというか、ここにきてついに自分の生き方を肯定したとでもいうか、とにかく後ろ髪を引かれまくりだった思いと決別して己の道を進むとはっきり言い切ったところに清々しさと決意の重さを感じとれる歌だと思います。

とは言っても、曲の大半は「ひときれの優しさも ひときれの励ましも 見返りを数えている」等、懐疑的というか性悪説的な見方に立っていて、利害だけがルールの、まるで荒野に生きているような世界観が示されていると思います。
そこから「報われたなら その時泣こう それまでは笑ってゆこう」という心境に至るのは何故か、多分この歌の詩からだけではっきり分かるようなものでもなく、これまでに遭ってきた辛いことや、これから出会うだろう悲しいことや、様々な未練、望郷の念、そういう一切合財を飲み込んだ上の覚悟の言葉であるのだと思います。

「愛だけで走ってゆく」は感情に走った言葉と見せかけて、その実、重たい荷物を背負った上で荒野を行く所業を「愛」と言い切る、非常に強い決意を示しているように思います。

2013年7月21日 (日)

「帰郷群」

「帰郷群」というタイトルですが、どちらかというと帰郷できない者が孤独や疎外感に苛まされる様子にスポットが当てられているようで、心のどこかで常に故郷を求めつつ、それでも帰らない、或いは帰れない、そんな苦しみが描かれていると思います。

「ひと粒の心」が連呼された後、それらが「ころがりだす」、「集まりだす」、「つながりだす」と一つの目標に向かって集約されていきますが、「私」一人だけは「ひと粒の心」のままでいるかのようです。「帰るべき郷に背を向けた者」としての後ろめたさがあるのか、「誰かが私を憎んでいる」と思い詰める、というより最早脅迫観念というべきくらいに悩んでいるようで、故郷というものはそれほど重く切実で、一種の愛情であり、本能であるということなのかもしれません。「眠りの中では戸口を出る」と、せめて夢の中では帰郷する、本当は皆と一緒に帰りたい、という強烈な故郷への情愛が歌われていると思います。

「身の内の羅針盤が道を指す」とは故郷への道を指すのか、それとも逆で帰らない、という一種の意思表示なのか、どちらにも取れるようになっていると思いますが、筆者は後者のような気がします。これ程故郷を望んでいても自分の道を行く、それ故の苦しみが描かれていると思います。

2013年7月15日 (月)

「旅人よ我に帰れ」

孤独に彷徨う旅人を呼び止め、回帰と休息を呼びかける歌、と見せかけて最後には突き放すような、何かを捨て去るかのような強い口調で別れを告げて、一体どっちが本心なのか、多分、その表裏の心に揺れつつ湧き上がる悲しみ、やり切れなさ、激情を歌っているのだと思います。

茉莉花(まつりか)とはいわゆるジャスミンのことで、インドネシア、フィリピンの国花である、という知識がなくても異邦人に対する愛情、或いは同情、或いは親愛の情が伝わってくると思います。そして、「私の妹」と呼びつつも「私とは違う人生を生きなさい」敢えて言うことで、あなたの人生はあなただけのものであるという自主性と尊厳を相手と自分にも言い聞かせているように思います。
或いは「我に帰れ 旅人よ帰れ」というように回帰する人と、「ただまっすぐに光のほうへ行きなさい」と進み続ける人と、その対比と決別をどちらが正しいということもなく、ただ己の道をそれぞれが歩むという構図をドラマチックに描いた曲であるのかもしれません。

ジャスミンというと「1人で生まれて来たのだから」を思い出しますが、この曲とニュアンスは違えど共通した雰囲気、背景を感じさせます。ジャスミンが何者なのか、フィクションなのか実在の人なのか、このブログでは追求しないし、できませんが、中島みゆきの異邦人、特にアジアの人々への思いが(ごく一部かもしれませんが)伝わってくる曲だと思います。

2013年7月 7日 (日)

「ギヴ・アンド・テイク」

騙され過ぎて与えられることに疑り深くなった女と、「それは違うよ」と諭すように無償の愛を語る男と、何だか二人の主張は微妙にすれ違っているような気がしないでもありません。

確かに一方的に与えられ続けるのは苦痛なことで、少なくとも対等の関係ではなくなってしまうし、極端な場合、何もできない自分の存在価値に疑問を持って卑屈になってしまうのではないかと思います。
それに対して「君が受けとって呉れる ほら僕は貰えている」というのは君が喜んでくれると僕も嬉しい、という愛の基本のような共感を表していて、だから一方的なものじゃなくてGive & Takeなんだ、と、それはそれで筋は通った主張であるように思います。
ただ、それも所詮は与える側の理屈に過ぎないような気もして、結局のところどちらかの思い込みでない「共感」ができているか、そもそもそれが無いからこの歌のような状況になっているのではないか、と思ったりします。

そんなわけで、なかなかその気にならない女と、それを必死で伝えようとする男と、単純に言えばそんな男女の愛の構図を歌っているように思いました。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30