無料ブログはココログ

リンク

« 「紅灯の海」 | トップページ | 「竹の歌」 »

2010年9月26日 (日)

「4.2.3.」

ある出来事を軸にした私の心情、独白のような言葉が切々と綴られ続け、さながら私小説のように私の内面を語っていると思いますが、その出来事が個人的な経験というよりも社会的事件であり、人間の集団としての性質や心理の問題をはらんでいるために、社会批判の歌のようにも聞こえます。いずれにせよ、非常に重苦しい音楽で、TVを通して見た光景に対する吐き気を催すような違和感が語られていると思います。

歌詞に出てくる事実だけを総合すると、日本人救出のために死傷した兵士が報道で殆ど取り扱われてなかった、というだけであり、それだけで日本が冷たい、と結論付けるのは狭きに失しているというか、無理にひねくれた解釈で事々しく露悪的な見方をしている、ような感もあります。
が、おそらくこの歌は事件に対する総合的な解釈というよりは、その光景を見た瞬間に感じた違和感、蜂の巣をつついたような騒ぎの中、熱に浮かされたように人質の無事を喜ぶ報道とその陰で重傷を負って担架で運び出される兵士、そういう激しいコントラストの中で、これほど悲惨な事実があるのに何かお祭りが行われているかのような、そして祭りが終われば何事もなかったかのようになるような、そんな浮かれた光景に激しく嫌悪を抱いるように思います。
おそらく日本が主題として扱われているのは歌のモデルとなった事件がそうだったからというだけであって、多分どの国でも同じような現象は起こりうるのではないか、そういう意味では日本的社会を批判するのではなくて、人間集団の根本的な利己的性質を冷めた眼で見ている曲だと思います。

「慌てた時に 人は正体を顕すね」という平凡な一言がそんな人間の性質を冷たく射抜いているようで、同時に冷たくなりすぎている私の心理を表しているように思います。
筆者が思うにこの歌は「世情」と同じように、熱くなっている世間と、それに対して凍りついた私の心、そんな意識の断層、違和感を描いた曲なのだと思います。

« 「紅灯の海」 | トップページ | 「竹の歌」 »

コメント

 こんばんは。

 この曲は、おそらく中島みゆきの作品中で一番の問題作、衝撃作、異色作だろう。
 これ以外にも、社会に対する痛烈な批判とも言える作品はたくさんあって、有名どころでは「ファイト!」なんかも応援歌的な部分と社会批判的な部分を併せ持っているわけだが、あくまで作品は物語であって、フィクションの中に心情を歌い込むのが中島みゆきの真骨頂であるはずだった。
 ところが、実際にあった事件を、あえてそれと分かる形で取り上げているこの曲は、もはやフィクションではあり得ない訳で、そうなると叙情ではなく叙事、作家ではなくジャーナリストに近いスタンスになってくる。
 聴けば分かるとおり、事件はもはや記憶から薄れつつあるペルー日本公邸人質事件。タイトルの「4.2.3」は、この事件が解決した日の4月23日からである。

 この曲を聴くと、覇龍社会さんが好きなイエモンの「乗客に日本人はいませんでした」の歌を思い出して比較してしまうわけだが、というのも、私は飛行機事故などの「乗客に日本人は~」のメッセージは必要だと思うからである。イエモンには「それは違うだろ」と思いつつ、中島みゆきには「いいこと言うなあ」では筋が通らないような気がしなくもない。
 とはいえ、中島みゆきの場合は、特定の事件における扱いに対する批判であって、一般的な「日本人はいませんでした」のアナウンスに対する批判ではない。
 その事件というのがペルーの事件である以上、「日本人の人質は全員が無事」に偏っている報道に対する違和感、批判はある程度の正当性を持つと思われる。何せ兵士たちは仕事とはいえ、国籍の違う日本人を救い出すために文字通り命を賭け、現に何名かは命を落としているのである。犠牲者は日本人のための犠牲者であり、人質の救出の蔭に置いて無視してよい存在ではない。

 しかしながら、「この国は危ない」というように、特に日本に向けた、覇龍社会さんの言い方を借りると日本的社会に対する批判だとすれば、私も狭きに失していると思わざるを得ない部分はある。
 この事件は、一面では「ペルー人」と「日本人」のことではあるけれども、他面では「軍人」と「民間人」のことでもある。民間人がテロ犯罪に巻き込まれた場合、身体を張って助け出すのが軍人の役割であって、その命が比較的軽く扱われる事は、日本だけの傾向ではあるまい。
 また、事件を起こした組織にも背景があり、結果として人質をひとりも殺さなかったその集団を皆殺しにした救出劇にもその国の論理があり、それぞれの立場がそれぞれのエゴをむき出しにして事件が起き、解決したとすれば、日本人の救出をひたすら喜ぶというエゴを見せ付けた日本にも、それなりの正しさがあるのではないかとも思う。
 と、芥川龍之介が「羅生門」のような話になってしまうわけである。

 要するに、中島みゆきの批判は正しくもあり、露悪的で斜に見ている感もあるということである。
 秀逸なのはやはり「慌てた時に人は正体を顕すね」のフレーズであり、このフレーズに説得力を持たせたいがためにこの事件を取り上げたのだとしたら、そのセンスはやはりすごい。
 

こんばんは。

イエローモンキーと比較すると話が長くなる上にあまり意味もなさそうなので止めておくが、確かに衝撃的かつ異色作で、「カラオケで歌ったらドン引きされる」曲が多い中島みゆきの中でも、この歌ばかりは次元を別にしてドン引きされそうな曲である。

しかし、私の解釈としては社会批判というよりは個人的心理を描いた曲であって、報道を通じて事件を見た心境が純粋に偏狭に綴られていると思う。
「慌てた時に 人は正体を顕すね」という言葉は、あまりに冷たく、火事場で必死の形相の人間に対してそれはあんまりだろ、と思うのだが、これを現場に対する言葉でなくて、個人の心境を物語る言葉として捉えれば、「私」の異常な心理の屹立が見えるようで、この歌の凄味のようなものが感じられる一節だと思う。

同じ様な感想を持つ人がいて安心した。
中島みゆきの歌は激しく好きなんだけど、この作品だけは違和感があったよ。
何処の国でもまずは自国民の安否に関心を持つものだし、ぶっちゃけると先進国の人々の安否に比べて、元々治安の悪い第三世界の人々の安否には「遅かれ早かれだろ」と思うのか関心が低い。さらにぶっちゃけると、自国民であれ、家族でも友達でもない他人の安否なぞは実際はどうでもいい。関心を持ってるフリをしないと社会的にマズイというだけである。
それが世界の現実だと思う。
マスコミの「日本人が手を振っています」報道で日本におぞましさを感じるとか頭おかしい。

弊社は各ランクのブランド商品満載し、ブランド通販店で一番信用のある店なので!。
品質はこちらが間違いなく保証します。
https://www.ginzaoff.com

■取扱ブランド ロレックス時計コピー、カルティエ時計コピー、IWC時計コピー、
ブライトリング時計コピー、パネライ時計コピー.
◆ スタイルが多い、品質がよい、価格が低い、実物写真!
◆ ご入金頂いてから最速4日、遅くとも7日程度でご指定場所へ発送出来る予定でございます
◆ 商品送料を無料にいたします

◆信用第一、良い品質、低価格は 私達の勝ち残りの切り札です。
◆ 当社の商品は絶対の自信が御座います。
◇ N品質 シリアル付きも有り 付属品完備!

◆ 必ずご満足頂ける品質の商品のみ販売しております。
◇ 品質を最大限本物と同等とする為に相応の材質にて製作している為です。
◆ 絶対に満足して頂ける品のみ皆様にお届け致します。

興味あれば、是非一度サイトをご覧になって下さい。
今後ともよろしくご愛顧くださいますよう、お願い申し上げます
https://www.ginzaoff.com
お取り引きを開始させていただきたく思います。
詳細に関してはどうぞお気軽にご連絡ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「4.2.3.」:

« 「紅灯の海」 | トップページ | 「竹の歌」 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31