無料ブログはココログ

リンク

« 「サッポロSNOWY」 | トップページ | 「炎と水」 »

2009年7月12日 (日)

「南三条」

この曲も盗賊さんのカラオケを聴いた記憶があるような、それが記憶違いだとしても、エコーのきいたボーカルに、勢いのあるサビ、ホーンやシンセサイザーの響きといい、とってもカラオケチックな珍しい感じの曲だと思います。

歌詞もやや散文的なストーリー仕立てになっており、誰が聞いても状況が分かるような分かり易さで、段々によみがえる記憶と意外な結末が描かれます。行き場のない感情が過去へと逆流していくようなサビはまさに「よみがえる夏の日」であって、過去と現在が南三条あたりで交錯する瞬間を描いた見事な歌詞だと思います。

しかし、冷静に考えてみればありふれたストーリーのようでもあり、その勢いに押されながらも、何だ大したことないじゃんと言いたくなるような曲でもあります。冒頭カラオケチックと書きましたが、客観的に大事件かどうかというより、とにかく激情を発し、南三条を泣きながら走る、と、実はそういう曲なのではないか、と思う今日この頃です。

« 「サッポロSNOWY」 | トップページ | 「炎と水」 »

コメント

こんにちわっ、暑くなりましたね

この「南三条」は好きな曲の一つです
みゆき嬢は時たま、聴いていくと自然にストーリーが
頭の中に浮かぶような歌詞をかきますが、これもそ
の代表的な曲だと思います
本当に歌詞の中味は若い頃に良くある事で・・・
でも私が一番魅かれたのは、南三条の大通りを泣
きながら走る・・・という部分です
かっこいいなぁ~と思いましたわ~
女に生まれたからには振られて、周囲の状況なん
かかまわずにワンコ、ワンコと泣きながら大通りを
走ってみたいもんのだと思ってしまいました
若さがないと出来ない事ですよね

恋に泣く・・・など、もう縁のない歳になり、泣く事さえ
も素直に泣けない歳になりはててしまった私には
羨ましく感じさせる曲ですよ

 間違いなく歌ったことあるぞ。歌唱力は比べるべくもないけど。

 ストーリーテラーとしての中島みゆきは、ファンである僕から見ても大してすごくない。覇龍社会さんがいうように、ありふれたというか大したことないというか、その程度の評価になるのは致し方ないところだと思う。
 多くの中島みゆきファンは、その魅力についておそらく「歌詞が良い」というだろうし、僕ももちろん「歌詞が良い」というのだけれど、CDを買ってきて、歌詞カードを見ただけで心を打たれるような経験は、全くと言っていいほどない。
 けど、中島みゆきのすごいところは、その一見ありふれた、一見大したことのない歌詞が、音楽や歌唱と組み合わさるや、重み、切れ味、重層感などを増してくることである。中島みゆきの歌詞は、音楽に乗ることによって特別な意味を持って迫ってくる。
 どこに載った記事だったかは忘れてしまったが、以前中島みゆきがインタビューで、「中島みゆきは歌詞を重視しているが、曲を作るときはやはり歌詞が先なのか?」と聞かれ、「同時だ」と答えているものを読んだことがある。中島みゆき自身にとっても、言葉は音楽に乗ってやってくるものなんだろうと思う。

 「南三条」に関して言えば、言葉でいえば「複雑な気持ち」としか言いようがないか、またはストーリーでいえば長々と語るしかない心情を、たった数分の曲の中に凝縮してしまっているところがすごい。
 変な例えになってしまうが、消化不良の胃の内容物をひとつひとつ取り出して見せて、見せた人に何を食べたかを想像させてしまうような曲である。
 そうして想像した食べ物が、例えばハンバーグだったりオムライスだったり肉じゃがだったり、ごくごく平凡な料理だったとしても、とにかくすごいのである。

こんばんは。蒸し暑い日々が続いていますね。

>雪猫さん
何だか気持ちよさそうだな、と思えてしまう、奇妙に清々しいフレーズですよね。未練を歌っている割には爽やかな感じがするのは曲調のせいか、「憎まずにはいられなかったの」等の分かりやすくて正直すぎるほどの詞のせいでしょうか。

>盗賊さん
むしろ大したことない、と思わせるところがすごい所なのかも知れない。中島みゆきがかなりの客観性をもってこの歌を作っているという証拠だと思う。
一方ではありふれた話として描きつつ、同時に当事者としてのエモーションも重ねて歌として完成するのはすごい力量だと思う。

 先日はお世話になりました。

 中島みゆきは1989年から「夜会」と題した舞台をやっていて、最初はまだコンサートにちょっとした物語性をつけただけのようなものだったらしいが、それが既発表の楽曲をつなぎ合わせて新たな物語を紡ぐようになり、1995年の第7回からは全曲書下ろしで、清水ミチコいわく「ひとり宝塚」と称される舞台を作っている。
 その第7回の「夜会」が「2/2」というタイトルで、この物語は中島みゆきの手で書き下ろし小説としても出版されているが、「夜会」の舞台としての完成度はともかく、小説としての完成度はやっぱり「大したことない」と言わざるを得ない。
 何せ、ヒロインとその恋人の恋愛関係になるきっかけが、「落雷→ヒロインが怖がってしがみつく→抱きしめる」という、王道中の王道を行っている。この展開は、古くは太宰治にも批判されたベタで、現代の小説ではもはや禁じ手といってもいいかもしれない。
 しかし、ベタであるがゆえに、「恋に落ちる」ことの比喩として「雷が落ちる」ほど適切なものはないわけで、文章だけで表現しなければならない小説ではもはや使い古された表現であったとしても、歌い方やメロディが加わる音楽、音響や芝居などが加わる舞台などでは、文章以外の要素の千変万化により、ベタな表現をより新しく、より深くすることはできうるのではなかろうか。

 残念ながら、私は「2/2」を舞台でも映像でも見ていないので、この「落雷」というベタがどのように表現されているのかを確認していないが、中島みゆきのストーリーテラーとしての「大したことなさ」はこのベタさであって、ミュージシャンとしての「すごさ」はそのベタさを象徴として音楽によりさらに効果的に、さらに奥深く表現しきっているところだろうと思う。
「南三条」も、そういう曲であって、ストーリーの「大したことなさ」は、スイカにかける塩みたいなもので、中島みゆきの「すごさ」を引き立てているのである。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32354/30520235

この記事へのトラックバック一覧です: 「南三条」:

» 沢尻エリカが日食を見に帰国するらしい [沢尻エリカ 人妻ヌードで復帰という話]
皆既日食に合わせ帰国予定の沢尻エリカ 人妻ヌードで復帰!? [続きを読む]

» 夫が逮捕の酒井法子が行方不明!失踪か?山梨で発見の情報も [のりピー今いずこ・・]
行方がわからなくなっている酒井法子!山梨・南巨摩郡で酒井さんの携帯電話の微弱電波 [続きを読む]

» 酒井法子逃亡中!のりピーに逮捕状!クラブでの動画・画像流出! [酒井法子のりピーに逮捕状!クラブでの動画・画像流出!]
行方不明の酒井法子に逮捕状!クラブでの動画・画像流出!まだのりピー発見されず失踪 [続きを読む]

» その時なにが起こったか!日航123便 御巣鷹山墜落事故 [日航123便 御巣鷹山墜落事故の真実]
日本航空123便(JA8119) 乗員乗客524名のうち520名死亡!御巣鷹山墜落事故の真実 [続きを読む]

« 「サッポロSNOWY」 | トップページ | 「炎と水」 »

最近のトラックバック

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30