無料ブログはココログ

リンク

« 「シーサイド・コーポラス」 | トップページ | 「HALF」 »

2008年7月27日 (日)

「やまねこ」

前曲は何だったんだ、と思うほど騒がしく、落ち着かない感じの曲です。

中島みゆきの曲にしばしば登場する攻撃的で、従順でなくて、敏捷で敏感で、それでいて打たれ弱くて脆い女性像は成る程やまねこと言い得て妙だと思います。
でも、ヤマネコは自分の爪が相手を傷つける、なんて自省はしないだろうし、第一ネコ科の爪って出し入れ自在じゃなかったっけ?なんて(自分の感想に自分で)ケチを考えてみましたが、多分この曲はヤマネコにもなりきれず、イエネコにもなりきれずの辛さ、人を傷つけてしまう、そして人を傷つけた自分を嫌悪してしまう、という苦しみを歌っているのだと思います。

中島みゆきはこういう世の中に適さない人がそれでもよたよたと、時には激しく生きていく様子を歌っていることが多いと思います。
それは露骨な励ましや同情ではないながらも、一種愛情ある視線であって、時に人を元気づけたり、慰めたりするものではないかと思います。

« 「シーサイド・コーポラス」 | トップページ | 「HALF」 »

コメント

初めまして、中島みゆきの新譜の検索をして
いたらここに漂着いたしました
中島みゆきはデビュー前からファンになり
デビューし、新譜が出る度に買い、聴き続け
てきました。歌詞など見ることもなく、しかし
曲は知っているという状態で、今回、この
ブログをざっと見て、ああこんなタイトル
だったのか・・・と改めて知ったりしました

アルバムは全て持っているものの、一時期・
二艘の舟あたりから付いていけないな・・
と感じ聴かないままでした。
その時期はみゆきが夜会に力を入れていた
時期だと思うのですが、夜会のDVDを観て
からは曲の良さがやっと分かるようになり
ました

みゆきの歌も時代とともに変わってきました
が、根底に流れるものは変わっていないよう
な気がします

まだまだ先は長いですが、頑張ってください
また覗かせて頂きます

<雪猫さん
はじめまして。めったに無い、貴重なコメントありがとうございます。

このブログを書くにあたって最も懸念なことは初心者が好き勝手を書いてファンの(特にファン暦の長い)方が鼻で笑うくらいならともかく、本気で怒るのではないか、ということで、雪猫さんのような方に多少なりとも楽しんで読んで頂けたら、誠に安堵する次第です。

何分、進行の遅いブログですし、いつまで続けられるか自信もないのですが、時代とともに変わっていく中島みゆきの曲とともにこのブログも変わっていくはずです。それでも根底は変わらずに続けていられるのか、夜会あたりでついていけなくなるかわかりませんが、今後とも長い目でたまに見守って頂けたら幸いです。

山猫の・・・天から貰った贈り物が人を傷つける
爪だなんて・・・歌詞カードがないのであやふや
ですが、そこのフレーズが好きです

人を傷つけないと生きていけない、でも傷つけ
たと思いながらも・・・それでもその爪を持っ
て生きていく

人間、生きていく限り、自分で気がつかない所
で、きっと沢山の人を傷つけながら生きていく
んだと思います

人を傷つけるだけの爪を嘆いている訳ではなく
そうやって人間は生きていくんだみたいな感じ
がします

今はCDを聞くだけみたいですが、いつか夜会
のDVDを観てくださいな
歌以上に何からのメッセージがあるような気が
します
全ての夜会に登場するのが二艘の舟なのですが
今、私は中島みゆきはこの二艘の舟で全てを語
っていると感じています

夜会、DVDも沢山ありますが、一番好きなの
は《金環食》です
機会があったら是非、観てください

仰るとおり、どことなく業を感じさせる切ない歌詞だと思います。
おそらく天から貰った贈り物がこの爪「だけ」という部分がポイントで、本当に欲しているものはもっと別にあるのに、何故か鋭い爪を持って生まれてしまい、しかもそれを使わずには生きていけない、という悲しさを歌っていると思います。
それは非常に人間くさい悩みであって、やまねこと題しつつも人としての葛藤を描いた歌なのだと思います。
と、いう感想を私の場合は歌詞カードをこねくりかえして、ようやく書くのですが、歌だけ聴いてそう感じることができるのは素晴らしい、というか羨ましく感じます。

さて、実のことを言うといつ頃から夜会が始まるかも知らない(なるべく予備知識無しで曲を聴く方針なので)のですが、時期と機会が来たらDVDも見てみようかと思います。
そこまでこのブログが続いたら、ですけど。

お気に入りに入れておきましたから、頑張って
ブログを続けてください
楽しみにしていますよ

夜会はかなり昔からやっていましたが、初期の
頃の夜会は曲の間に寸劇のようなもので、コンサート
の延長のような感じです
ここ数年で夜会の雰囲気が熱くなってきました
ただし、一昨年、昨年の夜会《24時発・・・》は
あまりに入れ込み過ぎで着いていけない難解な
ものになってきたように思います

同じ曲、歌詞でも聴き側の状態によって違って
感じ取れるのはそれだけ歌が深いという事でし
ょうか?

みゆきのデビューからずっとみゆきの歌と一緒
でした・・・お陰で一人芝居の振られ癖がつい
てしまいました(笑

やまねこの歌詞の意味を詳しく分析できる方、教えて下さい。私自身がやまねこな人なので。

名無しさんへ

やまねこな人って・・・どんな人?
参考までに教えていただきたいのですが

https://ameblo.jp/19571957ker

素敵な記事ですね。
私も中島みゆきのファンです。
最近、ブログを始めて、
「教育実習生の中島みゆき」という記事を書きました。
よかったら、覗いてみてください。

失礼しました。一度失敗しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32354/22591394

この記事へのトラックバック一覧です: 「やまねこ」:

« 「シーサイド・コーポラス」 | トップページ | 「HALF」 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30