無料ブログはココログ

リンク

« 「それ以上言わないで」 | トップページ | 「月の赤ん坊」 »

2008年5月11日 (日)

「孤独の肖像」

ラグビーボールを持ってどこかに駆け出しそうな、あまりにもといえばあまりにもなベタな歌謡曲ノリで、最初のメロディーをひたすら繰り返してそのまま押し切る曲で、聴いた後にはがぶり寄り切られたような妙な爽快感すら覚えます。

心理だとか描写がどうしたとか書く気を起こさせない程の勢いを持った曲ですが、歌詞カードを眺めてみると延々繰り返す歌詞が一種の怨念を感じさせ、確かに「Forever」とよぶべき愛憎が織り込まれながら、どこまでも続いていくような錯覚を感じさせます。

それだけの曲、と言ってしまっていいような気がします。果てしなく踊るような爽快感と疲労感を得られれば、それが最もこの曲を楽しんだことになるのではないでしょうか。

« 「それ以上言わないで」 | トップページ | 「月の赤ん坊」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32354/20893094

この記事へのトラックバック一覧です: 「孤独の肖像」:

« 「それ以上言わないで」 | トップページ | 「月の赤ん坊」 »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31